OzKoi, はちみつ, オーストラリア みつばち, オーストラリア ミツロウ エコラップ, キャンドル

驚き!蜜蝋(みつろう)の多岐にわたる使い道

驚き!蜜蝋(みつろう)の多岐にわたる使い道Ozkoi

みなさんこんにちは!

オーストラリアでミツバチの飼育して素材からモノ作りにチャレンジしているOzKoiのゆきです。

 

 

 

前回はみつばちが作り出すスーパーフード!はちみつができるまでについてお話しましたが本日は、そのはちみつを貯蔵している蜜蝋(みつろう)についてお話ししたいと思います。

蜜蝋(みつろう)は蜂蜜(はちみつ)ほど名前が知られていませんが、みつばちが作る蜜蝋(みつろう)は私達が普段何気なく使ってるスキンケア商品やリップクリームなどの化粧品にも多く使われています。

またオーストラリアでは空気の浄化作用があるといわれている天然素材の蜜蝋(みつろう)ロウソクは大変人気があります。

蜜蝋(みつろう)が作り出す六角形のハニカム

ハニカム蜜蝋 OzkoiBlog

ハニカム蜜蝋

この蜜蝋(みつろう)は蜂蜜(はちみつ)を貯蔵るだけでなく、ミツバチの生活の基盤として欠かせない大変大きな役割をしています。

みなさんもHoneycomb「ハニカム」という言葉を聞いたことがあると思いますが、これはミツバチの蝋分泌腺から分泌される蝋(ロウ)により正確に作り出されている六角形の巣房のことをいいます。

この巣房の機材となっているのが蜜蝋(みつろう)です。

蜜蝋(みつろう)には天然の抗菌・殺菌作用があるので巣を外敵から守ったり清潔に保つことがでます。

また耐水性のある蜜蝋(みつろう)水を弾くので雨や水滴から巣が濡れるのを防ぎます。

このような優れた効能を持っている蜜蝋(みつろう)は木部のメインテナンスやそればかりでなく、天然素材のスキンケア商品としても大変多く使われているというわけです。

ミツバチの巣を守っている蜜蝋(みつろう)

みつろうのことを英語ではBeeswax(ビーズワックス)といいますが、最近ではサランラップを使う代わりにみつろうのビーズワックス・エコスラップが普及し、みなさんの生活の中でも「ビーズワックス」という呼び名が馴染みのあるものになってきているかもしれません。

では、蜜蝋(みつろう)がどんな場面に使われているのかまとめてみましょう!

  • 化粧品
  • スキンケア商品、リップケア商品
  • ろうそく
  • 家具や木製品のツヤだし
  • みつろうラップ(ビーズワックスラップ)
  • お菓子などの食品素材
  • クレヨンなどのおもちゃ素材

などに使われています。

化粧品

熱に溶けやすく粘稠性や弾力性のあるみつろうはアイシャドウやアイペンシルなどの化粧品にも多く使用されています。

スキンケア商品、リップケア商品

みつろうの主成分ワックスエステルは肌にとても馴染みやすく保湿にも優れています。また天然の抗菌、抗炎症作用も備え持つ蜜蝋はナチュラルスキンケアの素材として大変人気です。

蜜蝋ろうそく

蜜蝋ろうそくには、空気清浄効果があると言われアレルギー反応を軽減させたり、炎のゆらぎ癒し効果を楽しんだりと使い道は様々です。

紀元前3000年、古代エジプト時代から重宝されてきたみつろうは“神様からの贈り物”として扱われ、中世ヨーロッパでは教会の儀式用に使われたり大変貴重なモノとして扱われてきました。

またコーディング材としてミイラの保存やにも使われていたと言われています。

家具や木製品のツヤだし

水を弾くみつろうは木材に使用すると表面に皮膜をつくり、適度なツヤと防腐の作用を発揮し頼りになる保護塗料としても使われています。

みつろうラップ(ビーズワックスラップ)

天然素材で作られたみつろうエコラップ(ビーズワックスラップ)は何度も繰り返し使えることから、エコ商品として近年注目を集めています。ビーズワックスの耐水性や抗菌性を活かし食品の保存やラップとして使われています。

Ozkoiみつろう エコラップBeewax wrap

OzkoiみつろうエコラップBeewax wrap

お菓子などの食品素材

みつろう自体は甘くありませんが、フランスの洋菓子「カヌレ」というスイーツに使用されたりしています。はちみつもハニカム(みつろう)ごと一緒に売られていたり食べることができますが、融解度のない口の中ではみつろうが溶ける事はありません。

クレヨンなどのおもちゃ素材

なんでも口に入れてしまう赤ちゃんに配慮して作られたミツロウ素材のクレヨンは万が一舐めてしまっても体に害がないということで、安全な素材としてクレヨンや粘土などにも使われています。

おわりに

本日はみつろうってなんだろう?またどんな事に使われているのだろう?という多岐にわたる使い道のお話をさせていただきました。

ミツバチ達が作り出すものには何一つ余計なモノが存在せず、全てのものに意味を持っているのですね。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

<お知らせ>

この度、日本のショッピングサイト「Creema」にてOzkoi」オーストラリア植物・動物をテーマにみつろうエコラップが更にお求めやすくなりました!

今後、お得なクーポン、メッセージカード、ラッピングサービスなのど得点もつけていきますので、

良かったら今のうちオーストラリアの可愛いみつろうエコラップの商品ページへ遊びにきてぜひフォローしてください。

エコラップに使用している布は、実際に使っていただいている方達の意見を取り入れながら、何度も研究して作られたOzkoiのオリジナルみつろうでコーティングしています。商品の紹介はこちらのOzKoi公式サイト、インスタグラムでもしていますのでぜひご覧ください。

日本ショッピングサイト「Creema」OzKoiページ

Ozkoiインスタグラム

この他オススメの記事をアップしましたので、もし良かったら読んでみてくださいね。

蜜蝋(みつろう)ラップってなに?メリットとデメリットについて書きました。
コチラ>>>蜜蝋ラップとは?!エコラップを使うメリットとデメリット

蜜蝋(みつろう)キャンドルの作り方につてい書きました
コチラ>>>蜜蝋(みつろう)キャンドルの作り方 天然素材癒しの灯

はちみつができるまでの分かりやすいストーリーはコチラ
>>>みつばちが作り出すスーパーフード!はちみつができるまで

スーパーフード蜂蜜を作っているみつばち達についてはコチラ
>>>重要な役割を担うみつばちと人間の関係って?

Related Posts